クリップブックの使い方 バレットジャーナルで!自作テンプレートも♪

クリップブック(ファイロファクス(filofax))流行ってますね~。

ロフトでは大量仕入れでクリップブック祭とか開催されたりして・・・関西でもやってほしいしっ!!

そんな人気のクリップブックをバレットジャーナルで使うため、最初の取っ掛かりとしてテンプレート作っちゃいました。

良かったら参考にどーぞ。

スポンサードリンク

クリップブックの使い方 バレットジャーナルで使ってみる!

クリップブックはノートとシステム手帳のいいとこ取り。

スケジュール帳やTo Doリストとして使うとして、市販のリフィルを買った方がいいのか。

どうせならバレットジャーナルをA5のクリップブックでやってみたいかも。

ということで~

クリップブックはバレットジャーナルとして使うことにします!!(決意表明)

ちなみに、クリップブックのレビュー記事もありますのでよかったらどーぞー。

システム手帳のfilofaxクリップブックレビュー A5で軽くて満足!

filofax クリップブック ペン差しに合うペンを探しの旅へGO!

閉じ手帳にこだわりがなければ、

クリップブックでバレットジャーナルをする方が使いやすいかもしれません。(よね?)

なぜなら、閉じ手帳だと下記のような時やり直したーい!

なーんてなることも多いんですよね~。(私だけか?)

クリップブックならこんなことは考えなくていいから楽です。

・「1年使うのにページ数足りるかな?」
・「こっちを先に書けば良かったかも」
・「やばっ!デイリーページが足りない!」
・「インデックスページもっと空けときゃ良かったし」

とりあえず、バレットジャーナルをやってみたい!けど、

そのためにロイヒトトゥルムとかモレスキンとか高すぎるしー。

ノート1冊使いきれなかったらもったいないしー。

なんて二の足を踏んでいるなら、このクリップブックで一緒にバレットジャーナルを始めましょう。

もちろん、ルーズリーフやバリバリカッコいいシステム手帳でもおすすめ。

自分のテンションが上がる手帳やノートを使ってくださいね。

クリップブックをバレットジャーナルとして使うための準備!

とりあえずバレットジャーナルに必要なものを準備しましょう。

【必要】

1.Key
2.INDEX
3.Future Log(フューチャーログ)
4.Monthly Log(マンスリーログ)
5.Daily Log(デイリーログ)

【あると良いかも(人による?)】

6.Weekly Log(ウィークリーログ)
7.Tracker(トラッカー)
8.各List(リスト)

なんといってもバレットジャーナルの一番の肝!といえば「Key」ですよね。

これをきちんと決めていくことで、バレットジャーナルをスムーズに運用できます。

旧タイプと現行と2種類あるので、自分でやりやすい方または好きな方を選びましょう。

旧タイプのKEYの方がわかりやすいので私はこちらを使ってます。

私はダヴィンチのタスクファインダーホルダーにKEYを書いた付箋を入れてます。

コレ付箋なんですけど両面に書いてあるので、タスクファインダーホルダーが右左どちらのページにあっても見えるようにしてあります。

どんだけKEY覚える気がないのか(笑)

それにしても、このタスクファインダーホルダーは便利。

INDEXはそのまま「INDEX」との記載でOKですね。

Future Log、Monthly Log・・・

と、どんどん書き進めていきたいところですが、私の場合日付を書くのがちょっとめんどーに思えてきちゃって。

PCで作った方が早い。

そう思ったが最後、日付を書きたくない病に。

バイブルサイズのシステム手帳の時もそうだったような(笑)

今、私はバイブルサイズのシステム手帳「ルフト」でバレットジャーナル実践中なんです。

がー、しかし、ルフトは雑記帳として活躍中だったもんで、後からバレットジャーナル分のリフィルを足したもんだから厚みが出ちゃって。

しかも、厚みが出ちゃって・・・てへ。

で済むわけもなく、リフィルをめくるのがスムーズにいかず破けるという大惨事。

そんなことからバレットジャーナル中断してしまってます。

そんな時にクリップブックでバレットジャーナルをやることを思いつき、今に至る。

ということで早速リフィルを作ります。

スポンサードリンク

バレットジャーナル用テンプレートを自作してみた

クリップブックをバレットジャーナルで使うために、市販の無地リフィルに印刷してみようと思います。

今回使う市販の無地リフィルは、能率の無地(クリーム)100枚入 A5です。

この紙は触るとスベスベしてて、それでいて優しげなクリーム色。

結構しっかりしてるのでめっちゃ好きです。(〃ω〃)ぽっ

さーて、A5サイズでは下記を作ってみました。

Future Log(フューチャーログ)
Monthly Log(マンスリーログ)
Tracker(トラッカー)

カレンダーを手書きでキレイに書ける人って尊敬しちゃう。

Future Log(フューチャーログ)のたった1ヶ月分のカレンダー書くだけで「うへー」ってなってしまいました。

それもどうせ書くならキレイに書きたいなんて思うもんだから余計に手間が。

そんな悩みをスカッと解決!

さすが表とか作るのはエクセルが楽やね~。

というこで、エクセルでちょいちょいと作っていきます。

その過程がたまらなく楽しい♪

いつ終わるのか・・・

3日以上も没頭してしまいましたが、ようやく完成!

余計な装飾や絵は一切無しのシンプルバージョンです。

まずは作ったものを並べてみました。

Monthly Log(マンスリーログ)4月、5月分です。

Monthly Log(マンスリーログ)の上部にトラッカー載っけてみました。

色々と習慣にしたいことが多すぎるもんで・・・

Monthly Log(マンスリーログ)の中央に日付をダーッと記載しています。

ま、あんまり予定が埋まりまくることはないので、こんなもんで大丈夫(笑)

Monthly Log(マンスリーログ)の下には、今月のTo Do書く欄を作ってみました。

さすがに10個以上のTo Doは私には無理なんで10個で(笑)

Monthly Log(マンスリーログ)の見開き左ページにカレンダーです。

やっぱりこの形式が見やすいんですよね~。

Future Log(フューチャーログ)はこんな感じで作ってみました。

とりあえず1年分ではなく、マンスリーは2ヶ月分、フューチャーログは1年分作ってみました。

デイリーログは印刷せんでも書きたいだけ書くことにします。

さーて、これでスムーズにバレットジャーナルを復活させられるはず!

ちなみにこんな記事も書いてます。宜しければどーぞ。

A5のシステム手帳リフィルをエクセルで自作した記事はこちら
システム手帳リフィルを自作 A5をExcelで簡単に作ってみた!

システム手帳リフィルをダウンロードした記事もあります。
システム手帳のリフィルを無料でダウンロードしてみた!おすすめ5選

クリップブックでバレットジャーナル!のあとがき

クリップブックをバレットジャーナルで使う。

いや、使い続けるために私にとってすこぶるめんどーなカレンダー等をテンプレートにしちゃいました。

シンプルにしか作ってないから、なんか書きたければ書けば良し、そのままタスクのみ書くも良し。

使っていってあれも!これも!となったら足せるし。

やり始めっていう最初のハードルが下がっただけでもいいんじゃないだろうか。

ということで、バレットジャーナルで使うかどうか迷ってる人がいるなら「一緒にやろうぜ!」ってことで(笑)

あ、クリップブックの表紙カスタマイズはもうしました?まだならこの記事も読んでみてくださいね~!

クリップブックの使い方 まずはカスタマイズで表紙を自分好みに!

クリップブックの軽さをオリジナルと比較してスケールで測ってみた記事はこちら。

クリップブックのリフィルサイズや軽さをfilofaxオリジナルと比較

スポンサードリンク