クリップブックの使い方 まずはカスタマイズで表紙を自分好みに!

ファイロファックス(filofax)のクリップブックはシンプルゆえにカスタマイズしたくなるシステム手帳ですね。

自分好みにすると愛着がわくので手帳を続けられなかった人も続けるモチベーションになるかもしれません。

っちゅーことで、クリップブックのカスタマイズとして表紙部分でちょっと遊んでみました。

プリンターとラミネーターがあれば簡単ですよ~。

スポンサードリンク

クリップブックの使い方 まずはカスタマイズで自分好みに

クリップブックを手に取って、まずは思うのが「軽っ!」

次に思うのが、選んだ色にもよると思いますが私の場合「どんな風に自分好みにしよっかな〜」でした。

クリップブックのレビュー記事もありますのでよかったらどーぞー。

システム手帳のfilofaxクリップブックレビュー A5で軽くて満足!

filofax クリップブック ペン差しに合うペンを探しの旅へGO!

クリップブックの軽さをオリジナルと比較してスケールで測ってみた記事はこちら。

クリップブックのリフィルサイズや軽さをfilofaxオリジナルと比較

まず誰もが目をつける表紙。

あな吉手帳術を取り入れてる方だと表紙の表側にクリアホルダーつけてはりますよねー。(決めつけてたらごめんなさいよ)

便利そうなので、すこし似た感じで表紙に自分の好きなデザインのファイルをつけてみたいと思います。

簡単&キレイにやるには、既製品を使うのが1番。

そこで、クリップブックのサイズと同じA5のクリアホルダーを探しました。

わたしが持っていたのは3つ。

1つは文房具屋さんの中でもかなりの人気店「和気文具」さんのクリアホルダー。

これは和気文具さんで文房具を買うと納品書をこのクリアホルダーに入れて送ってくださるやつ。

オシャレなクリアホルダーなので、得した気分でなんだか嬉しくなります。

こういうとこが、私の心をくすぐるんですよね〜♪

2つ目は、どこだったか・・・

楽天のお店だったと思うんですが、これも購入した納品書を入れてくれていたクリアホルダーです。

グリーンでキレイなんですが、じーっと見るとトンボがいっぱい。

あんまりリアルなトンボがたくさんいると・・・(汗)


3つ目は、会社でいつの間にか私の書類入れに入っていたクリアホルダー。

アンコールワットってなんか渋いやん。

裏返してみたら、仏像のドアップ。(めっちゃ男前・・・)

でも、今回は軽い感じでオシャレにしたいから次回って事に。

ということで、和気文具さんのクリアホルダーにしようと思ったんですが、私のクリップブックって黒なんですよね。

和気文具さんのクリアホルダーも印刷されてるのは黒・・・

見えませんやん。

あれま・・・。

ちょうどいい感じのクリアホルダーが無い。

デルフォニックスのクリアホルダーも購入したんですが、SNSで話題の天才的なアイデア(レモンのやつ~)を真似させていただくのもおこがましく・・・

モノクロのおしゃれなクリアホルダーも買えばあるんやろうけどなんとか買わずにカスタマイズしたい!

ということで、自分で作りまーす!

クリップブックの表紙カスタマイズ開始!

クリップブックは表紙にバインダー金具が出ているので、好きなものを穴パンすれば表紙につけられるというナイスな手帳。

とりあえず、クリップブックの表紙に好きなもんを付けるカスタマイズをしてみたいと思います。

【用意するもの】

・好きなデザインの紙媒体(A5)

ラミネートフィルム(Amazonで800円くらい)

ラミネーター(Amazonで3,000円くらい)

6穴パンチ(Amazonで2,000円くらい)

用意するものはこれだけです!

好きなデザインの紙もんでちょうどいいのが見つけられなかったので、これも作っちゃいました。

イラストレーターでこれでもか!っていう感じで「ブングイロ」を宣伝(笑)

しかも2種類も。

そういや~

実家の冷蔵庫の前を通る度に、冷蔵庫に貼ってあったホワイトボードに自分の名前を書きまくっていたことを思い出した。

今も昔も変わらない自分大好きな私(笑)←まったく関係ないし・・・

さて、手順です。

【手順】

1.ラミネーターの電源ON

2.好きなデザインの紙媒体をラミネートフィルムに挟む

3.ラミネーターが温まって準備OKになったら、ラミネートフィルムに挟んだ紙をラミネーターに通す

4.ラミネートできた!

5.6穴パンチで穴を開けてクリップブックの表紙にセットして完成!

ん・・・?

なんか思ってたのと違うな~

なぜオシャレ~ってならないんだろうか・・・

紙を表紙の前に挟みました!感が満載。

(ー’`ー;)ムムッ

ちーがーうーーー!!

ってことで、やり直します。

スポンサードリンク

A5の紙をもう少し小さくして余白(透明)部分を増やしまーす。

ついでにステッカーみたいなんもつくっちゃおーっと。

印刷して切って並べてみました。

納得できるものができたところで、上記手順をもう一度繰り返します。

はい、できあがり!

よし!

早速クリップブックの表紙に挟んでみよ~~~

頑張って作った丸い方より、文字だけの方がスッキリしてて良さげ。

なんか悔しいけど、でもまぁ、いっか(笑)

そして、ステッカーみたいな大きさにしたものは、ラミネートはまだしてないけど並べてみると・・・

遠目で見たら、あら良い感じ♪(写真がボケてる~)

自分で作っといてなんやけど、アホの一つ覚えみたいに「BUNGUIRO」ばっかりでなんか嫌なので(笑)

違う文字で作り直して、こんな配置でラミネートするのもありですな♪

とりあえず、一段落。

もっと私にオシャレセンスがあれば色々思いつくんやろうけど、今の段階ではこれが私のMAXです。

このまま使ってみながらSNSめぐりして、また「天才か!」と思われるカスタマイズを発見する旅に出たいと思います。

クリップブックカスマイズのあとがき

ファイロファックス(filofax)のクリップブックのカスタマイズは無限大な気がしますね。

もうなんでしたら、合皮部分丸ごと外して本革に付け替えることも可能じゃね??

と思って外してみたんですが、思ってたより外すのが大変でした。

ということは、同じサイズのものを革で作っても装着できないのか・・・なんて思ったりしてます(汗)

いやはや、クリップブックでの遊びはまだまだ続きそうですわ~。

クリップブックでバレットジャーナルを始めるにあたり、テンプレート作ってみました~

クリップブックの使い方 バレットジャーナルで!自作テンプレートも♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする