万年筆インクのターコイズをボールペンに入れてエナージェルインフリー!

万年筆のターコイズインクとはどんな色なのか。

全種類のターコイズインクは集められないので、まずいくつか持っているものだけを比較してみます。

エナージェルインフリーのターコイズブルーに似たインクはあるかな?

また、そのインクをボールペンに入れて自分好みのボールペンを作ってみます。

さてさて、エナージェルインフリー ターコイズブルーに近づけるのか??

スポンサードリンク

万年筆インクのターコイズとはどんな色?

ターコイズ色とは、緑がかった青色のことですね。

まさにトルコ石の色。

ターコイズ色の中でも、青が強いものはターコイズブルー、緑が強いものはターコイズグリーンと呼ばれています。

さて、万年筆のインクでターコイズ色のものと言えば、ターコイズという名前がそのままついているペリカン、LAMYが有名でしょうか。

あと、カヴェコのターコイズもキレイですね~。(欲しいけど通販以外で見つけたことがない)

ウォーターマンのインスパイアブルーもターコイズ色と言われています。

私にはペリカンのターコイズと見分けがつかない色だけど。

インク沼にどっぷりハマっている私は、透明軸の万年筆もターコイズのインクも結構持ってたりするので集めて比較してみたいと思います。

私の手持ちのターコイズ系インクはこんな感じです。

■インクボトル

ペリカン ターコイズ
LAMY ターコイズ
ペリカン エーデルシュタイン JADE
パイロット色雫 孔雀

※ペリカン エーデルシュタイン JADEはグリーンが強い(ってかグリーン?)ですが、これもターコイズ系?翡翠系?かな~と私は思って入れちゃってます。

並べてみると・・・

パイロット色雫 孔雀だけ別撮りになってしもた。

ターコイズ系だけでこんなにあるし・・・

これにセピア、ブルーブラック等々もいくつかあるので一生分はありそうな・・・(笑)

っていうか、インクにも消費期限があるらしいですね。

こんなに買ってから知った事実ですが。

さて、それでは色見本を作って比較してみます。

太い線は綿棒で書いたもので、文字はダイソー万年筆をつけペンで書いてます。

あー、ターコイズのボールペンの分も一緒に書いてしまってて見にくくてすみません!!

万年筆インクは写真の下の方です。

※写真にあるエナージェルインフリーのターコイズブルーと似てるボールペン探しの旅記録はこちらにありま-す。

>>ボールペンのターコイズブルーとターコイズグリーンは似てる!替芯を入れ替えてみる!

ペリカン、LAMYはブルーよりのターコイズブルー。

孔雀、エーデルシュタイン JADE、はターコイズグリーン?

といった感じでしょうか。

紙の色によって、また万年筆のインクフローに寄ってもインクの色は微妙に変わります。

このページを見ているモニターによってももちろん変わりますので、全員のところで同じ比較をしても同じ結果になるとは限らないとは思います。

インクって蒸発すると濃くなったりしますしね~。

全く同じ色で常に使える訳じゃないっていうところもまた魅力なんですけど♪

いっぱい書き比べしてみたけど、どうも納得行くインクがない。

ということで、2018年4月発売予定のセーラー100色インクとNAGASAWAさんの神戸INK物語をちらりと見てきました。

ちょうどタイミングよく阪急百貨店で文具雑貨マルシェが開催されていたので、インクタワーなる、思う存分試し書きができるという夢のような場所発見♪

そこでセーラーのスタッフさんも巻き添えにして、エナージェルインフリーのターコイズブルーに似たインクを探してきました!

そこで1番似ていた神戸INK物語の布引エメラルドを購入してまいりました。

※我が家にはあんなにインクがあるのにまだ買うか(笑)

早速帰宅後、ウッキウキワクワクな気分でこのインクで遊んでみました。

ボールペンにターコイズインクを入れるとはどういうこと?

では、今回は万年筆ではなくボールペンにターコイズインクを入れてみようと思います。

はて?どういうこと??

ボールペンの替芯のインクを抜いて(または空になったものを使って)、自分の好きなインクを充填するというツワモノに憧れる私ではありますが・・・

今回は、普通に販売されているローラーボールを使いたいと思います。

これは、万年筆インクを入れることのできるローラーボールペンです。

万年筆を使わない人でも好きなインクを使うことができるなんとも便利なボールペン。

種類はあまりありませんが、エルバンのローラーボール、カキモリさんのローラーボールが有名ですね。

私が持っているのはエルバンのローラーボールです。

このローラボールに万年筆のインクを入れてみたい。

自分の好きな色のインクのボールペンを作りたい。

このローラーボールはそんな願いを叶えてくれるんです!!!

なぜ、こんなことをしたいのかと言うと~

限定で発売されたエナージェルインフリーのターコイズブルー

※エナージェルインフリーのレビュー記事はこちらです。

エナージェルインフリー購入レビュー!限定ターコイズブルーおまえに惚れた!

この替芯に巡り会うことができずじまいだった私は今あるターコイズブルーを使い切った後のことを考えると不安でしょうがないんですよね。

色々と探してみたものの、代わりになるほど惚れるボールペンは見つからず・・・(しつこいぐらいに無い無いって言うてますけども)

そこで、もっとたくさんの色がある万年筆インクに目をつけてみたのです!

インクの色だけじゃないのかもしれないけれど(書き味とか見た目とかね)、インク沼の住人としてこのまま諦められないというか・・・(笑)

ということでわたしが選んだインクは、

1番似ている【布引エメラルド】です!

スポンサードリンク

エナージェルインフリー ターコイズブルーの代わりとなるのか?

結果から先に。

ターコイズインクを入れたローラーボールは、エナージェルインフリー ターコイズブルーの代わりに・・・

色だけなら代わりになる かも(笑)

なぜかというと~

そりゃそうだ!やる前からわかるやろ!となりそうですが。。。

自分がエナージェルインフリーのターコイズブルーのどこのに惚れているのかによりますよね。

色だけならインク次第で代わりは見つかるはず。

でもあのエナージェルインフリーの書きやすさはエルバンのローラーボールには無かった。

あったり前じゃい。

ま、とりあえずやってみたことを記載します。

まず、エナージェルインフリー ターコイズブルーに一番似ていると思う「布引エメラルド」をローラーボールに入れてみたところです。

ローラーボールはペン先からインクの吸入がでえきないので、コンバーターに直接インクを入れます。

ペン先をつけて~

エナージェルインフリーのターコイズブルーみたいにインクを入れた部分がキレイ~♪とはなってませんね。

でも、光にかざすと〜

インクをたくさん入れすぎたみたいで肝心の色がまったく見えない・・・

いや、角度を変えると見えるかも?

かすかにターコイズのような・・・キレイな色が出ているような・・・

そんな気もする(笑)

んじゃ、とりあえず書いてみます。

ローラーボールはインクフローが良いとの噂は耳にしていましたが・・・

そうでもない。

このローラボールはわりとインクフローは渋めなのか。

だって、色が薄いし~

インクフローが良いとインクがたくさん出ますから色は濃くなります。

インクを使い切るまでに日にちがかかったり、夏とかだと煮詰まったりもします。

ということは、どっちにしても色が違うがな!ってな状態に。

インクって奥深いわ~。

沼だけにハマるわ~。

混ぜることを覚えたりなんかしたら・・・想像するだけでワクワクやし♪

でも!なんか、納得いかない。

めっちゃ頑張ってエナージェルインフリーのターコイズブルーに似た色を探したのに~

インクの出方が違うから一向に似た感じになってない!

ならば♪

こういう時のためにAmazonでガラスペンを購入しておいたんですよね~。

なんとこのガラスペンのお値段300円しないんですよ。

安っ!

もちろん、こだわって作られた芸術品や有名メーカーのものとは書き味は全然違うと思います。

でも、ちゃんとキレイに書けるし、1本持ってて損はないと思われ。

ん??

書いたものを見てみると、色が違う!!

あれ?ローラボールでの布引エメラルドと、ガラスペンで書いた布引エメラルド、まったく色が違うじゃないか。

写真の上から、ローラーボール、エナージェルインフリー、ガラスペン。

これなら、似てると言えるレベルじゃないでしょうか。

なんか300円弱のガラスペンのおかげで納得できて良かった~。

万年筆インクのターコイズでエナージェルインフリー!のまとめ

万年筆インクのターコイズにはわりかし明るめのターコイズブルーはある。

グリーンの強いターコイズグリーンにはターコイズという名称は付いてない!

ということで、なんか探しにくいわ〜。マジで。

でも、インスタとTwitterやったかな?

エナージェルインフリーのターコイズブルーと、店舗オリジナルインクの翡翠色、に、もしくは、カヴェコのパラダイスブルーが激似!というとの情報も聞いてます。

それも気になるところですが、とりあえず布引エメラルドでエナージェルインフリー気分を味わいたいと思います♪

エナージェルインフリーのターコイズブルーが人気すぎてどこにも無い!

と嘆いている私に朗報!(自分に向けてっ)

現在は海外の工場で製造されているインクなので限定ということらしいですが、国内等で安定共有できるようになれば通常商品として販売される予定との噂も聞きました。

マジで~~~♪

私の元に替え芯が来るのを夢見て、ぺんてるさんに手を合わせて感謝!O(-人-)O アリガタヤ・・

スポンサードリンク