丸善の池袋店は文房具のデパートや♪カフェでハヤシライスもGOOD!

東京にある文房具専門店の丸善池袋店に行ってきました。

電車がビルの一階に入り込んでる?みたいなインパクト大なカフェも満喫。

地下1階から地上2階までウロウロ~っとしてきたので備忘録として残しときまーす。

スポンサードリンク

丸善池袋店のカフェでハヤシライスを堪能!

丸善 池袋店とは、本と文具のお店として有名な丸善の都内最大級の文具専門店。

「都内最大級&文房具」そんな紹介されたら行かずにおれるか!

ということで、文房具好きの端くれ&大阪からのお上りさんとして行ってきました。

あんまり混んでるのもイヤなので、平日の朝っぱらから行くことに。

10時開店でお店に着いたのが10時過ぎ。

1階のカフェにはすでに2組のお客さんがいました。

とりあえず外にあるメニューを見とこー。

まずはフロアガイドをチェック!

地下~2階まであるようですな。

人気のお店やろうから、混む前にランチ!

ということで、まずはカフェスペースを堪能することにしました~。

おー!

マジでビルに電車入ってるやん!

とまぁ、ノーマル人間なのでありきたりな感想しか出てきません(笑)

でも写真で見るより天井が高くて広々した空間ですね。

このなんともいい感じの空間に、これまたオシャレでアンティーク調なテーブルが並んどる。

電車も溶け込んでて不思議な感じ。

そして、店員さんがウロウロしているわけじゃない。

そう!

ここはセルフです!

そこがまたフリーな感じがして良いな。

混んでるわけじゃなかったので、注文して受け取ってから席に着きました。

注文したのはもちろん「早矢仕ライス」です。

キレイな卵色に吸い寄せられるように「オム早矢仕ライス」とアイスコーヒーにしました。

この早矢仕ライス、名物だけあって美味ですね。

家で作るとケチャップ味が前面に出てもっと酸味のある感じになるのに、やっぱりお店で食べると別物ですな。

ビーフシチューのような感じの早矢仕ですね。

それに卵もまろやかさをプラスしていて、オムにして正解!

また来た時はオム早矢仕にしよーっと。

ランチタイムになるとさすがに満席になってました。

ほんま人気があるんですな。

わかるで、ここええ感じやもんなー。

でも、なんやろ?天井高いからかな?

人が多くてもごちゃごちゃしてないねんなー

会社帰りとかに行きたいから大阪にもあったらいいのにーーー

いや、大阪にもあるのかもよ?

自分が知らんだけで・・・。

丸善池袋店で文房具満喫~♪

すっかり1階のカフェを堪能したところで、まずは地下へ行ってみることに。

バリアフリーな店内なのでエレベーターももちろん完備。

だが、ここは少しでも運動?をということで階段チョイス。

そんな階段を降りると、ダーっと広いフロアにドバーッと文房具が満載。

でも、私の行きつけ「東急ハンズ」と同じくらいじゃね?

なんて思ってみたりして(汗)

よーく見てみると、カード類が壁一面にあるっていうのはすごい光景!

そして、ハンズには無いノートとかもいっぱいあるじゃないか。

ハンズハンズってどんだけ比べるねんってな~。

ハンズと同じとか言うてごめんなさーい。

それにしても、良さげなノートや手帳、ボールペンなどなど山のようにある。

それらを手に取ったりすると棚に戻せなーい。

なぜなら欲しいからである。(当たり前や)

いや、文房具は出会いとも言うではないか。

出会った時が買い時だと。。。

なんてこじつけて、財布の紐がダダ開き状態に・・。

いかんいかん。

まだ地下フロアの1/3も見ていないではないか。

あ、「ご朱印帳入れ」ええのん見っけ。

2冊入るってよー。

しかもなんかオシャレやし。

今、2冊持ってて簡単な袋に入れてるねんなー。

ピッタリフィットじゃないねんなー。

ノートとかボールペン、万年筆の様に複数買いするもんでも無いからな。

うん。

しばし目を閉じ、カゴにそっと入れる(笑)

といういろんな戦い、話し合い、談合の結果、私の手元にやってきたのはコレ。

さーて、次は2階へ行ってみよう!

スポンサードリンク

丸善池袋店 高級文房具とオシャレな雑貨たち

丸善池袋店の2階は、高級文房具たちがいるフロア。

地下から行くと2階分の階段を上ることになる。

うむー。

悩んでるフリをしつつ、ここはすぐさまエレベーターを選択。

快適に2階に到着。

降りてすぐ(階段を上ってすぐ)のところに早矢仕ライスのレトルト売ってるやん!

それも辞書風のパッケージ。(写真撮ってない・・・)

こりゃ土産に良いではないか。

しかし、この後違うところにも行かねばならん。

荷物になるな・・・

やめとこーーー。

という事で、次回のお楽しみとしておこーー♪

2階に上がってすぐビックリしたのは、このフロアでも早矢仕ライス食べれるの??

ってとこかな。

カウンター席があって1人ならここでゆっくり食べるのも悪くないかも。

でも、結構高めな万年筆とか売ってるフロアに早矢仕ライスの美味しそうな匂いが充満してるのってなんか不思議(笑)

他ではあまり見られない光景かもしれないな。

ま、高級文房具だけじゃなくてセンス良しのオシャレ雑貨も置いてありました。

あー、いーなー!!コレ!

っていうものが多数あり。

便利そうな傘とかも置いてあったな〜。

友人へのプレゼントなんか買うのにココは便利そう。

自分へのご褒美にも良さげ♪

季節毎にディスプレイが変えてそうな感じも良いっすね〜。

あとは、システム手帳やら万年筆やらも見させてもらいました。

今システム手帳は物欲ゲージには引っかかって無いから、万年筆コーナーへ。

LAMMYサファリの2018年限定ブラックと、通常ラインのブラックの違いを見たりなんかして。

ココでは財布の紐を少しでも緩めてしまうと、数万円という金額が飛んでいきそうなので、サーッとほんまにサーーーッと見るだけにしときました。

危ない危ない。

オシャレ雑貨&万年筆の誘惑に打ち勝つことができた私の購入品はコレでーす。

すべて地下フロアで購入。

ちなみにこのスリムなノートは、トラベラーズノートのリフィルにピッタリ~~~♪

シンデレラフィットと言っても過言ではなーい。

お値段は320円。

そんなに安くなーい。

でも、カバー色が好きな色でテンション上がるって大事っしょ~~♪

そして、もう一つのなんともかっこいいノートはLIFEノート。

LIFEの「ノーブルノート」と新日本カレンダーのステーショナリーブランド「kleid(クレイド)」のコラボノート。

2ミリ方眼のクリーム紙とホワイト紙の2種類あって、私はもちろんクリーム紙!!

クリーム紙に万年筆のブルーブラックで書く。

想像するだけでニヤける組み合わせですやん。

お値段は100枚で1,000円。

LIFEノートですからそれくらいかまへーん。

まとめ

インスタなどで結構よく出てくる文房具専門店。

テレビでやってるのも見たことあるし、めっちゃ行ってみたかった丸善池袋店に行けて良かったですわ。

ほんまは、東京でこだわりの文房具巡りをしたかったんやけど、友人を連れ回すわけにもいかず・・・

ということで、次は文房具カフェやトラベラーズファクトリー、カキモリ、THINK OF THINGS、つくし文具店、GOAT、36 Sublo、伊東屋などなど。

でっかい有名店からこだわりのお店までウロウロしつくしたいもんです。

いつか行くぞー!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする